家族葬でも喪主は挨拶が必要か?

一般葬の場合、喪主は通夜、告別式、僧侶へ、そして参列してくれた方々へなど、何度か挨拶をしなければならない場面があります。特に僧侶や参列者が到着した際には喪主は挨拶しなければなりません。このように挨拶などがとても忙しく、ゆっくりお別れができないことが、家族葬を選ぶケースが増加している理由の一つです。

家族葬の場合は、葬儀進行中の喪主の挨拶は省略することができます。ただし、家族以外の親族や親しい友人などが参列している場合には、故人が生前にお世話になったことと参列したくれたことへの感謝の気持ちをお伝えするために最後に挨拶を行うことも良いでしょう。一般葬では精進落とし前や後に喪主の挨拶が必要ですが、家族葬ではそのような挨拶は必要ないので、喪主の方も故人と最後のお食事をすることが可能です。

一般葬の喪主と家族葬の喪主のするべきことは、大きく変わりはありませんが、細かい部分で多少の違いがあります。家族葬の場合は葬儀のスタイル、費用などで役割が変わってくると考えられます。家族葬の喪主は、参列してもらう人の人数、お料理など、一般葬では流れのようにきまっていることを、一つ一つ決めていかなければならいことがもっとも大きな役割だと考えられます。