家族葬で喪主が確認しなければならない費用の詳細

喪主は葬儀の監督をしなければならないのですが、特に葬儀の費用に関しては十分に確認をとらなければなりません。家族葬の場合は、オリジナルのスタイルが可能である分、細かい部分の費用が含まれているのかどうかによって最終的な費用は変わってきます。見積もりの段階で総合計のみで詳細が記入されていなかったり、逆に総合計が記入されていない場合もあるので、合計と詳細の両方が記載されている見積もりをもらいましょう。

葬儀の費用で分かりにくい点はお心付けです。お心付けとは霊柩車の運転手や火葬場のスタッフなど葬儀をお手伝いしてくれた方に気持ちとして渡す物です。あらかじめ費用に入っているなら良いのですが、含まれていない場合は見積もりとは別の出費となります。家族葬の場合は一つ一つ細かく決定していくケースも多いので、見落としがちです。

また、火葬場での休憩所の利用料金が含まれているかも確認すべき注意点です。火葬には思ったよりも長い時間がかかります。寒いときや暑いときもあり、さらにご高齢の方の参列も考えられるので休憩所は利用できる方がよいでしょう。

家族葬とは知らずに突然の参列者がいらっしゃる場合もあります。その場合、お料理の追加や会葬返礼品の準備をしなければならい場合もあります。喪主はそのときの追加費用についても確認をしておくとよいでしょう。