家族葬の喪主は関係者へ連絡する

喪主は親族の方、ご近所の方、又会社の方へ連絡をしなければなりませんが、同時に家族葬にするということも連絡しなければなりません。このとき最も困るのが家族葬にどこまでの人に参列していただくかです。特に故人の兄弟姉妹に参列していただくかを悩むケースが多いようですが、悩んでいる人がいるのなら参列していたく方が良いでしょう。基本的にはこれから親族としてどのように付き合っていくかによるのですが、現在ではあまり付き合いがない方でも、若い頃の思いなどがある方もいらっしゃるので、お知らせするときには十分な配慮が必要です。

また、香典を受け取るのかどうかについても話し合っておく必要があります。香典、花束などを辞退する場合はその旨を連絡する必要があります。受け取る場合は、喪主は会葬返礼品の準備をしなければなりません。

葬儀後には、葬儀前に亡くなったことを連絡できなかった方にお知らせしなければなりませんが、書面で連絡するのが一般的です。そのとき、どうして知らせてくれなかったのか、最後にお別れがしたかったなどのトラブルが考えられますので、故人の遺志であるなど家族葬を行い参列していただけなかったことを十分に理解していただく必要があります。