家族葬の喪主の決め方

葬儀を行う際にはだれが喪主になるのか決めなければなりませんが、一般葬でも家族葬でも、喪主の決め方は同じです。まず第一に、故人の方の意志があるようならそれに従います。そうでない場合は、喪主は故人と最も関係の深い方がなるのが通常です。例えばご夫婦のどちらかが亡くなられた場合は、まず配偶者が喪主となります。配偶者が既に亡くなっている場合などは、順に長男、次男、そして長女、次女といったように故人の子供が喪主となります。子供がいない場合は故人の両親、兄弟姉妹の順で喪主になることとなります。最近では配偶者の方がご高齢の場合も多く、その場合は喪主の名前だけは配偶者にして、故人の子供が施主としてサポートするケースがよく見られます。

また故人にご家族のいない方の場合は、親しい友人であったり、入所施設の代表者が喪主を務めることもありますが、この場合は喪主ではなく、友人代表や世話人代表などと呼ばれます。このような場合も参列する人の人数が少なければ、家族葬のようなスタイルを選択するケースとなるでしょう。

また、必ずしも喪主を一人に決める必要はありません。法律では、家の行事を受け継ぐ祭祀継承者は一人決められていますが、喪主は複数でも問題ありません。家族葬で、親族や親しい人のみの場合は、数人で話し合いながらそれぞれが納得いくスタイルにすると良いでしょう。