家族葬の総監督をするのが喪主の役目

喪主の一番の役目は葬儀の総監督をすることで、この点に関しては一般葬も家族葬も変わりありません。まずは、家族葬にするのか一般葬にするのかを決めなければなりません。このときご家族がゆっくりお別れしたいのかどうかが葬儀の形を決める理由の一つとなります。葬儀の時は思ったより忙しく、特に喪主の方は参列者に挨拶をするのに忙しかったり、お料理や返礼品の準備などで故人とお別れをする時間がとれません。あっという間にお別れをすることになってしまい、心の整理ができないままになってしまうこともあります。

家族葬にすることを決めたら、葬儀の場所、予算、こだわりのスタイルを決めます。葬儀の場所に関しては、自宅の近辺にするケースが多く見られます。葬儀は家族葬であっても疲労が感じられるので、参列者は自宅からの移動に負担がかからない場所を選ぶ方が多いです。特にご高齢の方が参列者にいらっしゃる場合は、移動手段に関しては十分に検討する必要があります。また、火葬場が葬儀場のそばであることで決める方も多いです。これもやはり移動に負担かからないようにすることが理由です。

予算に関しては、家族葬の場合は香典が少なかったり、葬儀後にお別れをしたいとやってくる人もいるので、そういったケースを見込んでおかなければなりません。